SHARE

Climate Saturday


最新ニュース

21/04/10

桜がいつ咲くかって、そんなに大事?

21/04/04

Week19 あの植物油脂が環境や人を苦しめる

21/03/27

これからは私たちで国を引っ張る?!ノンステートアクターの広がり

21/03/20

パリ協定の達成には程遠い理由と私たちができること

21/03/13

本当の温暖化対策に必要なコトは?

21/03/06

地球にエコな再エネが、自然を壊す時に

21/02/22

インド・ヒマラヤ氷河の崩壊・洪水が起きた本当の理由

21/02/22

女性にも教育の機会を!!

21/02/06

自転車って本当にエコなの?

21/01/30

家庭の消費電力

21/01/23

私たちが出すCO2ってどれくらい?

21/01/16

地球の時限爆弾「永久凍土」が解けると起こること

21/01/09

ファッションが地球を傷つけているとわかる5つの事実

21/01/02

今年の冬は寒い?温暖化じゃないの?

20/12/26

2020年、コロナが私たちに教えてくれたこと

20/12/19

5年前からどれだけ環境が良くなった?

20/12/12

肉を食べることが気候変動を進める!?

20/12/05

80年後の天気予報から見る日本の未来

20/11/28

オーストラリアの山火事と日本の関係

20/11/21

week1 気候変動とは

20/11/20

Climate Saturdayとは?

桜がいつ咲くかって、そんなに大事?

21/04/10

日本で1000年以上にわたって親しまれてきた桜。

桜が咲くと、なんとなく嬉しい気持ちになる人は少なくないはず。

そんな桜の季節が、今年は一瞬で過ぎ去ってしまった。

専門家はこの現象について、世界の生態系を脅かす大規模な気候変動の症状だと警告する。

京都の桜の記録を812年までさかのぼって収集してきた青野准教授によると、京都市中心部の桜が今年ピークを迎えた3月26日は、1200年あまりの歴史の中で最も早かったという。広島では3月11日にソメイヨシノの開花が観測され、これまでの最速記録を8日更新。東京の桜の満開は3月22日で、観測史上2番目の早さだった。

香港中文大学のアモス・タイ准教授は、開花の早まりは、生態系全体に影響を及ぼしかねず、多くの種の存続を脅かす恐れもあると言う。

植物や昆虫は互いに大きく依存する関係にあり、いずれも自然環境を利用して、生命サイクルのさまざまな段階でタイミングを調整している。例えば植物は自分の周りの気温を感じ、暖かさが続くようになれば花を咲かせて葉が出始める。同様に、昆虫や動物の生命サイクルも気温に左右され、気温が高くなれば成長が速まる。

しかし、植物や昆虫が温暖化に対応するペースはさまざまで、かつては毎年春になると同時に成長していたものでも、昆虫の準備が整う前に花が咲いたり、その逆になったりする。その結果、昆虫が植物から十分な量の餌を確保できなくなったり、植物は繁殖に必要な量の花粉を運んでもらえなくなるかもしれない。

気候変動の影響で天候はますます予想がつかなくなっており、生態系の順応は難しくなっている。

今年は米首都ワシントンの桜の開花も1週間ほど早かった。気候変動の影響は桜の花だけにとどまらない。タイ氏は「ほかにも多くの植物で生命サイクルの変動が起きている。生態系の安定にはさらに大きな影響が及ぶかもしれない」と話している。

【参考】

  • BBCニュース「京都の桜、過去1200年で最も早く満開に」

https://www.bbc.com/japanese/56585837

  • CNNニュース「過去1200年で最も早かった日本の桜、生態系脅かす気候変動の兆候と専門家」

https://www.cnn.co.jp/travel/35168925-3.html


Week19 あの植物油脂が環境や人を苦しめる

21/04/04

あのアイスクリームや、ポテトチップス、ファストフード、カップラーメン、せっけん、洗剤などなど、、。

パーム油スーパーに並ぶ商品の約半分に使われているといわれる。商品名ではなく「植物油脂」と表記されるため、「見えない油」と言われることが多い。

そして、日本では1人あたり年間6キログラムを消費しているんです。

原料のアブラヤシは、大豆の8倍の油を同じ耕作面積から取れるため、製造コストが低い。

日本で使用されるパーム油のほとんどはインドネシアとマレーシアからきている。

しかし、パーム油を生産するアブラヤシ農園は、熱帯の森林を切り開いて作られるため、九州の全面積に匹敵する広大な森林が伐採されている。農園を広げるために先住民などそこに元々暮らしていた人々が強制的に住む場所を追われるという事件が後を断たない。さらに児童労働が問題視されている。

こうした批判がされるなか、森林破壊や児童労働がないことなどを、国際認証制度RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)に認められた農場や搾油工場と取引する企業が増えてきた。

認証油を得るには、森林破壊や児童労働がないことなどをRSPOに認められた農場や搾油工場と取引し、サプライチェーンを管理する必要がある。

しかし、まだ日本企業のRSPO加盟数は2019年時点でドイツやイギリスの半分以下。

ちなみに、カップヌードルの容器によく見られるようになった「MIXED」のマーク。

その横には「この商品を購入することで、持続可能なパーム油やその原料であるアブラヤシの生産者支援につながります」と書かれていることも。

しかし、「MIXED」の表記は、認証油半分、非認証の油もう半分を混ぜて運び、RPSOの「認証油」として扱っているのです。

その小さい表記に隠れている問題を一度立ち止まって考えてみると、環境破壊だけでなく、労働搾取、さらに私たちが知らなければならない企業のカラクリが見えてくるね。

〈参考〉

・「認証パーム油100%」の裏側 日本勢、苦渋の混合品:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66812100Q0A131C2TJ3000/

・あぶない油の話

https://plantation-watch.org/abunaiabura/

・WWF RSPOについて

https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/3520.html


これからは私たちで国を引っ張る?!ノンステートアクターの広がり

21/03/27

気候変動対策って、国が決定してくれないと結局何も進まないんじゃないの?

そう思っている人多いはず。

でも、国際社会で決定されてきた気候変動対策を率先して導いてきたのって、実は国家ではないんです。

ノンステートアクター(非国家アクター)って言葉、ご存じですか?

今、国家(政府)以外の組織、つまり、企業や自治体、NGO、市民団体などが主体の「ノンステートアクター」が、世界の気候変動対策に大きな影響と圧力を与えています。

例えば、2017年6月、トランプ元大統領がパリ協定離脱を表明した直後には、米企業、大学、州、都市が「We Are Still In(我々はパリ協定に留まる)」とメッセージを掲げたウェブサイトに名を連ね、政府がパリ協定を離脱してもパリ協定に残る、と宣言したネットワーク (WASI) が誕生。

同年12月、フランスのマクロン大統領の呼びかけで開催された、各国の首脳級が集まるパリの気候変動サミットでは、

・仏保険大手アクサが石炭関連企業から24億ユーロの投資の撤退を表明

・米資産運用会社ブラックロックが120社に対し、気候変動による経営リスクの開示を要求

・225の機関投資家が100社に温暖化対策を要求

・仏ミシュランなど54社の企業が政府に対し、二酸化炭素排出量に応じて課金するカーボンプライシングの導入を要求

などなど、企業や投資家といったノンステートアクターが、政府に代わって積極的な動きを見せました。

また、2018年にポーランドで行われた COP24 では、当時15歳のグレタ・トゥーンべリが、世界のリーダーたちに本気の気候変動対策をするよう訴え、彼女に共感した若者たちによる Fridays For Future のムーブメントが世界中で起こっています。若者のノンステートアクターも、国に圧力をかける大きな存在になりつつあるんです。

国の決定を待っていては間に合わないから、企業、自治体、NGO、市民が先に動こう。

この動きは、世界の気候変動対策の動きと比例して、特にパリ協定の採択以降、急速に活性化しているんです。

なんだか、ワクワクしない?

【参考】

COOL CHOICE 環境省(江守さん出演)https://www.youtube.com/watch?v=w6UnCzE0OXs

ニュースイッチ「温暖化交渉、主役は“非国家主体”へ」https://newswitch.jp/p/11585

EnergyShift 「COP25からCOP26へ、非国家アクターは気候危機対策をリードするか」

https://energy-shift.com/news/4f38f162-7ab7-4111-8c64-de2721753709

WWF COP23現地報告:「アメリカの責任」を果たす非国家アクターの動き

https://www.wwf.or.jp/activities/opinion/199.html

国連広報センター「グレタ・トゥーンベリさんによる #COP24​ でのスピーチ」


パリ協定の達成には程遠い理由と私たちができること

21/03/20

最近よく「SDGs」とか「脱炭素」とかよく目にするし、気候変動や温暖化もそろそろ落ち着いていくんじゃない?

って思いませんか?

「おうちじかん」「StayHome」が当たり前になった2020年。

実際のところ、新型コロナウイルスの感染拡大で大規模な活動制限が世界に広がった結果、2020年の温暖化ガス排出量は前年比5.8%減となった。

意外とCO2すぐ減るんだ、温暖化もなんとかなりそう、そう思いませんか?

しかし、国際的な気候変動対策「パリ協定」の目標を達成するには2020年並みの削減を10年間続ける必要があります。

 パリ協定は産業革命以降の気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを目標として掲げ、各国に削減目標の提出・更新を義務づけている。「2度未満」の達成に2030年に10年比約25%減、「1・5度」の達成には、約45%減が必要とされる。

やっと世界が温暖化に本気になってきた、そう思いませんか?

しかし、国連が昨年末までに提出・更新された世界各国の削減目標を積み上げたところ、30年までにたったの1%減(10年比)の効果にとどまることがわかりました。

実際、パリ協定の目標に見合った目標を掲げているのは75ヵ国中2ヶ国しかありません。

国際エネルギー機関(IEA)は、各国が踏み込んだ対策をとらなければ「21年はCO2が著しく増える」と私たちに警告している。

今年は、英国で11月に気候変動を世界的に話し合う会議(COP26)が開かれる。それは、気候変動問題を担当するケリー米大統領特使によると温暖化抑制への「最後で最良の機会」でもあるのだ。

つまり、地球の気温上昇を1.5度以内に収めるためには、今年のCOP26で、気候変動を止めるための野心的な目標とそれに伴う具体的なロードマップを各国が考え、テーブルについていなければならない、ということだ。

私たちが「最後で最良の機会」を無駄にしないためにできることは何だろう?

そして、私たちがどれだけ深刻な危機の中にいるのかもう一度考えてみよう。

Climate Live Japanに参加したり、MINIに参加することも気候変動解決への力強いサポートになります!

参考

CO2排出、21年は大幅増のリスク IEAが警鐘:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR01CF40R00C21A3000000/

各国の30年目標、パリ協定達成「ほど遠い」 国連報告書:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR268FX0W1A220C2000000/

世界的な気候変動対策、11月のCOP26で弾みを=米気候変動特使:朝日新聞

http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN2B12CI.html


本当の温暖化対策に必要なコトは?

21/03/13

2050年カーボンニュートラルを発表した菅総理。ですが、CO2排出ゼロに向けてのエネルギー計画には、原発が大きく関わっているのをご存じですか?

政府が発表した2030年のエネルギー計画では、

火力を全体の56% に削減、 (2018年時点では83%) 

再生可能エネルギーを全体の22~24% まで増加、 (2018年時点では15%) 

そして原子力を全体の22~20% まで増加と、 (2018年時点では2%) 

CO2を多く出す火力の割合を下げ、再生可能エネルギーと原子力で賄うことでCO2排出量を減らそうとしています。

確かに原子力は、発電する際にCO2を出さないので、その点は再生可能エネルギーと同じです。

しかし、原子力は、温暖化を後押ししてしまうと言われています。

その理由の一つは「温排水」です。原発では燃料を冷やすために海水を使います。その水は、海水の温度より7度〜10度温まった状態で海へ棄てられるため、海水温を上昇させ、排水口付近の生態系に影響を与えてしまいます。

また、原発はトラブルや不祥事、自然災害により計画通りに運転できないことがよくあります。また、トラブルがなくても、約1年ごとに定期点検のため、3か月間運転を停止します。そして、原発が停止している間のバックアップのために、火力も増やしてきました。原発と火力発電は常にセットで動いているのです。

さらに、CO2削減を原発に頼ることで、自然エネルギーに使える時間とお金が減り、CO2排出ゼロには欠かせない、省エネと自然エネルギーの拡大という、必要な政策を遅らせる原因になります。

10年前の悲劇を、私たちは忘れてはいけません。今、本当に必要な、持続可能な発電方法は何か、もう一度考えてみませんか?

参考

・電気事業連合会 日本はなぜ原子力発電を使うの?

https://www.fepc.or.jp/library/pamphlet/pdf/04_consensus-04.pdf

・資源エネルギー庁

https://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/025/pdf/025_008.pdf

・Greenpeace 原発が温暖化対策にならない5つの理由https://www.greenpeace.org/japan/sustainable/story/2020/11/14/45947/


地球にエコな再エネが、自然を壊す時に

21/03/06

気候変動を止めるためには、CO2をたくさん排出する石炭火力発電より、再生可能エネルギーの方が良いって聞くけど、、、

そうなんです。

再エネは、気候変動を止めるために重要な解決策の一つであることは間違いない。

しかし一方で、大規模ソーラー発電のために自然を壊して開発され、それに伴う土砂崩れや景観の悪化、地元住民の理解なしでの開発が進められるなど、「悪い再エネ」が問題になっている。

実際、千葉県鴨川市では大規模な太陽光発電のため、東京ドーム32個分にもなる広大な山林を平坦にするため、1,300万立方メートルの山を削り、その土砂で谷や川、沢も埋め立てられる予定だ。流れる川や沢が埋め立てられた場合、その川や沢に流れていた水が行き場を無くし、地中に水分が含まれていくため、地盤の脆弱化の恐れが考えられることから住民による反対運動がある。

こういった「悪い再エネ」の問題に、日本より再エネ比率が高いドイツ(40%)ではどうしているのかというと、、

厳しい土地利用規制や、決定に際しての市民参加のしくみを作っている。

再エネ施設を作る場合には、そこの議会の過半数の可決を取らなくてはいけません。そのため、建設前に住民説明会が必ず数回開催され、小さな町でもかなりの住民が参加します。

このほかにもかなり厳格な法律により、「施設建設にあたって森林等の伐採を行えばその6倍の植林を行わないといけない」など、メガソーラーの乱開発がされないような仕組み作りがある。

2050年に50〜60%を再エネで賄うことを検討している日本でもこういった「悪い再エネ」を規制する仕組みを作らなければ「再エネ=悪」になってしまう日が来るかも。

気候変動を防ぐためには、CO2をたくさん出す石炭火力より再エネを選んだ方が良いのは明らかだ。

その上で、「良い再エネ」を選ぶことが大事。

具体的には、「地域や環境に配慮された発電所と契約している」ことを公表していて“透明性のある”再エネ電力会社を選んでみてはいかがですか?(ホームページなどで公表している電力会社もあるよ)

【参考】

クラブヴォーバン「改めて考える地域とエネルギーの処方箋」

https://www.club-vauban.net/2019/07/23/20190723/

FoE Japan「山林から恩恵を受けているということ~鴨川市田原地区メガソーラー計画を取材して」

https://foejapan.wordpress.com/category/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88/

再生可能エネルギーの持続可能性に関するFoE Japanの見解

https://www.foejapan.org/energy/library/180413.html

国際環境経済研究所 「太陽光発電の推進は、ドイツを見習え!」

http://ieei.or.jp/2015/06/sawa-akihiro-blog150630/


インド・ヒマラヤ氷河の崩壊・洪水が起きた本当の理由

21/02/22

気候変動は私たちの住む地球だけでなく、生活や社会のあり方を大きく変えようとしている。

今月7日インドで、ヒマラヤ山脈の氷河が温暖化により急速に解けて崩れたことが原因とみられる洪水が発生した。8日時点で18人が死亡、約180人が行方不明となっている。

インドでは、かつてより豪雨による洪水や、慢性的な水不足による干ばつなどで、気候変動の被害を受けてきた。

気候変動を引き起こしている温室効果ガス排出量のうち半分は、世界で最も裕福な10%の人間によって排出されてきたものであり、一方で最貧層(総人口のうち35億人)が責任を負うのはたった10%未満なのだ。だが皮肉なことに、気候変動が引き起こす害のうち75%を被ってしまうのは貧困層である。

世界で最も裕福な10%の人々は、科学技術に頼ったり、値上がりした食糧を手に入れたり、より涼しく標高の高い地域に移動したりするための費用を負担するだけの金銭的余裕がある。

しかし、気候変動へ対応するのにかかる諸経費を負担できない貧困層は、その害を真正面から被る。

先進国である日本は、今回のインドの氷河崩壊を引き起こした加害者の一部だ。

苦しむ貧困層の損害を最小限にとどめるよう取り組み、コストを負担するのが先進国・富裕層の責任です。だから、日本に住む私たちは気候危機を知り、つながり、行動しよう。

なぜなら、#ウチらの声で世界は変えられる から。

【参考】

気候変動が生む、新たな「アパルトヘイト」

Newsweek インド氷河崩壊・洪水発生で問われる温暖化対策の本気度

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/02/post-95634.php

BBC News ヒマラヤの氷河崩壊で大洪水、多数の死亡確認 インド北部

https://www.bbc.com/japanese/55930298

全国地球温暖化防止活動推進センター

https://www.jccca.org/trend_japan/state/


女性にも教育の機会を!!

21/02/22

突然なんだ?と思った方、ありがとうございます ☺

今までずっと気候変動について発信してきたのに、急にどうした?ってなりますよね。

でも実は、女児 (女性) が教育を受けることは、気候変動を解決へと導くためにとっても大切なんです!

国際自然保護連合(ICUN)の報告書では、食料や水、燃料の確保は女性の役割であることが多く、気候変動によってこうした資源が入手困難になれば、女性に大きな影響を与えることが指摘されています。

特に、アジア・アフリカ地域に住む女性たちは、干ばつが起きれば、水を確保するために、これまで以上に遠い場所まで何キロも歩かざるを得なくなるのです。

また、気候変動によって世界各地で女性に対する暴力が増加しているとの報告もあります。限られた資源を奪い合うことでストレスが増し、社会や家庭の不平等な状況がさらにエスカレートするのです。

さらに、大きな自然災害のあとには、人身売買や女性の性的搾取が増えるという傾向も指摘されています。実際、2013年にフィリピンに大きな被害をもたらした台風30号「ハイヤン」上陸後には、人身売買の被害者の数が3倍にまで跳ね上がっています。

女性が気候変動から多大な影響を受ける現状を踏まえると、気候問題に関する意思決定の場に、女性の声を反映していくことが大切だと分かります。しかし2019年の国連報告書によると、女性は気候変動の影響を身をもって知っているにも関わらず、意思決定の場に関わっている割合はいまだに低いのが現状です。

気候変動で何キロも離れたところまで食や水を確保しに行く

女の子たちは学校に行く暇がなくなる

教育を受けていないので、女性は気候変動の意思決定の場に呼ばれない

この悪循環を断つためにも、女性が教育を受けられる場を作ることが大切なんですね!

【参考】

動画:気候変動、少女ら女性に影響大 暴力や虐待の危険も アンゴラ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

気候変動の影響で、アフリカやアジアでは「女性の行為主体性」が損なわれている:研究結果 | WIRED.jp

気候変動問題の効果的な解決になぜ女性が関係するのか – INPS International Press Syndicate – JAPAN (international-press-syndicate-japan.net

気候問題の解決の糸口は、男女平等にあり! 気候危機に女性視点が必要な理由。 | Vogue Japan


自転車って本当にエコなの?

21/02/06

地球温暖化の原因となっているCO2 を全く出さない、環境に優しい乗り物として知られる自転車。実際、どのくらいエコなのでしょうか?

1km の移動で排出されるCO2 の量は、自動車 147g、バス 56g、電車 22g です。

片道15km の往復を毎日繰り返して通勤・通学をしている人なら、

自動車通勤から自転車通勤に変えるだけで、生涯で節約できるCO2 量は、なんと50トン!!

これは、200リットルのドラム缶約100本分に相当します。ガソリン代も大幅に節約できますね!

実は、私たちが生活から出しているCO2 の量のうち、自動車は2番目に大きな割合を占めています。家庭からの CO2 排出量ランキングは、

1位は照明・家電製品から、2位は自動車から、3位は暖房からです。排出量が多いからこそ、1人が変えるだけでも与える影響は大きいです。

自転車通勤は、環境にいいだけでなく、カラダにいい、快適、便利、カッコいい等といった理由から、環境省でも “Smart move” として推進されています。

車によく乗るよって方も、週1から、自転車を取り入れてみてはいかがでしょうか?カラダもココロも、なんだか軽くなるかもしれません(^^)

〈参考〉

環境:運輸部門における二酸化炭素排出量 – 国土交通省 (mlit.go.jp)

自転車ってどれくらいECOなの? | スマートサイクルライフ北九州 (smakita.jp)

4-6 家庭からの二酸化炭素排出量(2018年度) – JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

気候変動キャンペーン Fun to Share | 「移動」を「エコ」に。 smart move | smart moveとは (env.go.jp)


家庭の消費電力

21/01/30

私たちが生存可能で安全に生きるため(1.5度目標達成)には、今すぐに二酸化炭素の排出量を減らなさければならない。
日本を含むOECD諸国は2030年に、それ以外の国でも2040年までには、温暖化を進めている最大の原因である石炭火力をストップしなければならないと言われているのに、日本はまだ新しく石炭火力発電所を作っている。

石炭を燃やす石炭火力発電所から電気をもらうことで、地球温暖化に最も”貢献“してしまう。
各家庭から出る二酸化炭素の約半分(46%)が電気から来るって知っていますか?

つまり、私たちがどこの電力会社を選ぶかで、CO2の排出量は半分弱も減らせるんだ。これは気候変動を止めるためには、節電するよりもずっと効果がある。(もちろん節電も大事だけど)
そしてそれは、想像してるよりずっと簡単に変えられる。
「パワーシフト」と検索して、本当に地球に優しい電力会社を選ぼう。Webで、電話で5分ですぐに変えられる。
家族に「未来を気候変動から救う電気」について話してみてはいかが?

[参考リンク]

全国地球温暖化防止活動推進センター
家庭部門における二酸化炭素(CO2)排出の動向
https://www.jccca.org/home_section/homesection01.html


私たちが出すCO2ってどれくらい?

21/01/23

CO2を減らそうってよく言われてるけど、そもそも私はどれくらいCO2を出しているんだろう。そのCO2って、そもそもいつ出しているんだろう。

地球温暖化の原因となっている温室効果ガスのうち、日本が最も多く排出しているのは二酸化炭素。国内で出している温室効果ガスのうち、約90%は二酸化炭素なんです。

1人当たりの二酸化炭素排出量を他の国と比較すると、1位はアメリカ、2位は韓国、3位がロシア、そして4位は日本です。世界と比べると、私たちは生活する中で、より多くのCO2を出してしまっていることが分かります。

では、実際に私たちはどのくらいの量のCO2を出しているのでしょうか。

私たちが家庭内で最もCO2 を排出するのは、電気を使うときです。これは、私たちのもとに届く電気のほとんどが、火力発電所で化石燃料(石炭、石油、天然ガスなど)を燃やして発電されているからです。

電気を使うモノの例として、今のさむい季節や、暑い夏に大活躍するエアコン。このエアコンを、1日で11時間つけていると、その分の電力を発電するために、風船346個分の二酸化炭素が排出されます。(風船1個分のCO2は5Lとする)

また、私たちが1日1回はつけるであろうテレビは、1時間見るための電気をつくる際に、500ml のペットボトル40本分の二酸化炭素が排出されます。

ところで皆さん、よく車に乗りますか?

電気を使わないけれど、私たちが多くの二酸化炭素を排出しているのが、車の運転です。車を走らせる時に必要なガソリンは、私たちが電気の次に多くの二酸化炭素を排出している燃料です。例えば、30分車に乗った時に排出される二酸化炭素は、風船246個分。30分なら毎日乗っている、という人もいるのではないでしょうか?

ちなみに、電車で通学、通勤場合、30分移動した際に排出される二酸化炭素の量は、風船43個分です。

じゃあ、私たちにできることは?

これは意外と簡単です。エアコンなら設定温度を、冷房なら1度高く、暖房なら1度低く設定することで、1年間で風船3,360個分のCO2を削減できます。テレビなら、つける時間をいつもより1時間減らせば、ペットボトル40本分のCO2が抑えられます。車に乗るときは、毎日5分間のアイドリングストップを行うと、年間で風船3,970個のCO2を削減できます。自動車から電車に切り替えられたら、さらにCO2を抑えられますね!

さらにCO2を根本的に減らしたい人は、自然エネルギーで賄っている電力会社に変更することで、CO2削減に大きく貢献できます。電力会社の切り替えも、電話で5分あれば簡単にできるんです。

生活環境が違うから、何が簡単かも人によって違う。

自分が簡単にできること。まずはそこから始めてみませんか?

【参考】

JCCCA 全国地球温暖化防止活動センター https://www.jccca.org/chart/chart04_07.html

Benesse マナビジョン https://manabi.benesse.ne.jp/ecostudy/file02/detail06.html

DECORATIVE SYSTEM https://www.decora.jp/environmen/environmen_co2_2.html


地球の時限爆弾「永久凍土」が解けると起こること

21/01/16

「永久凍土」と聞くと、私たちの生活や未来とは関係のない、遠い北の国の壮大で殺風景な光景を思い浮かべるかもしれない。しかし、この永久凍土が解けることで引き起こされる現象は、私たちの未来を脅かすものなんだ。

そもそも、「永久凍土」とは、地下の温度が二年以上連続して0°C以下になる地面のことで、メタンや二酸化炭素、様々な有機物が大量に含まれている。必ずしも「永久」に凍結しているわけではない。

大部分は北半球に存在し、その陸地の約4分の1を覆っている。通常は何千年も前から凍ったままで、米アラスカ、カナダ、欧州北部、ロシアをまたぐ北極圏と北方林地帯に広がっている。また、北海道の大雪山や富士山山頂にも永久凍土が存在している。

永久凍土には、凍った大昔の植物や動物の死骸という有機物の形で、推定1兆7000億トンもの炭素が閉じ込められているんだ。

永久凍土は大気のほぼ2倍の炭素を保持しており、その大部分をメタンとCO2が占めている。永久凍土が融けると、有機物が温められ、分解され、最終的に温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)とメタンとして放出される。

CO2は地球温暖化の最大要因とされているが、メタンの温室効果はCO2の25倍もある。永久凍土の温室効果ガスが大気中に放出されると、地球温暖化が悪化し、氷が解け、さらに永久凍土の溶解が進む、不可逆的な悪循環が始まってしまうかもしれない。

そうなったら、パリ協定の「産業革命以前より地球の平均気温上昇を1.5度に抑える」という目標はかなり難しくなる。

アラスカの永久凍土は2070年までに一部解け始める可能性があり、米マサチューセッツ州ウッズホール研究センターのスーザン・ナタリ研究員は、温室効果ガスの排出が現在のペースで続けば、永久凍土の最大70%が失われる恐れがあると指摘している。彼女は、「永久凍土からの(温室効果ガスの)排出により、地球温暖化がコントロールできない状況に陥ってしまう可能性がある」と警告している。

さらに放出されるのは、温室効果ガスだけではなく、長い間凍結されていた病原菌やウイルスもだ。

私たちが直面しているパンデミックが再び起こりうるのだ。

そんな世界、あなたは見たい?

もう元には戻せない変化が起こってしまう前に、今行動すればまだ間に合う。

【参考】

AFP通信「地球の時限爆弾」永久凍土溶解が引き起こす危機 温暖化ガスや病原菌放出(2019年1月20日)https://www.afpbb.com/articles/-/3207024?cx_amp=all&act=all

BBC News アラスカの永久凍土 2070年までに一部解け始める可能性(2015年10月22日)アラスカの永久凍土 2070年までに一部解け始める可能性 – BBCニュース

国立環境研究所 永久凍土と地球温暖化~北海道大雪山調査レポート~

永久凍土と地球温暖化 北海道大雪山調査レポート | 地球環境研究センターニュース (nies.go.jp)


ファッションが地球を傷つけているとわかる5つの事実

21/01/09


去年はコロナウイルスの流行で外出が減り、服を買う機会が減った人もいるのでは、、、

私たちが身につける衣服が生産される過程でどれだけ環境を壊しているか知ってますか?

華やかなファッションの裏にあるのは、地球や生産者の命を削りながら生産されていく事実です。

毎日身につけるモノだけど、見えにくい。

毎日身につけるモノだからこそ、考えなくちゃ。

① マッキンゼーによると、アパレル業界は2018年の世界全体のCO2排出量の4%を占めていた。パリ協定での1.5℃目標との整合性をもたせるためには、CO2排出量を今の半分にする必要が出てくる。

https://www.businessinsider.jp/post-200862

②2014年に消費者が購入した衣類は、2000年に比べて60%増加したが、着用する期間は半分に。大量生産、大量消費の経済システムが私たちの生活により密接になってきたということ。買う服が多いのに、それぞれを着る機会は減ったのです。

https://www.ellenmacarthurfoundation.org/assets/downloads/publications/A-New-Textiles-Economy_Summary-of-Findings_Updated_1-12-17.pdf

③衣類の洗濯により、毎年50万トンのマイクロファイバーが、海に流れ出ている。これは、500億本のペットボトルに相当します。

服の約6割はポリエステルやナイロンといった化繊、つまり繊維状のプラスチックからつくられています。洗濯をするたびに細かな繊維がはがれて下水へと流れる。繊維はとても細かいため下水処理施設でとらえられきれずに海へと流れていくというわけ。流れ出た繊維は魚の体内に入り、私たちの身体に入ってくることが懸念されています。 

https://www.unenvironment.org/news-and-stories/story/putting-brakes-fast-fashion

https://www.ellenmacarthurfoundation.org/news/one-garbage-truck-of-textiles-wasted-every-second-report-creates-vision-for-change

④ファッション産業は、世界で2番目に水を多く消費する産業だ。Tシャツ1枚をつくるのに必要な水の量は2720リットルと言われています。1日の平均飲料水を一人あたり約1.5ℓとすると約5年分の水が使われていることになるのです。

https://www.unece.org/fileadmin/DAM/RCM_Website/RFSD_2018_Side_event_sustainable_fashion.pdf

⑤ 最終的には多くの衣類が捨てられる。毎秒トラック1台分の衣類が、焼却あるいは埋め立て処分されている。廃棄された洋服の73%が焼却または埋め立て地で処分されています。約12%がリサイクル用に回収されますが、それも切断されてマットレスの中身(詰め物)に使用されるか、断熱材や掃除用のクロスになることがほとんどです。回収されて、新しい洋服として生まれ変わるものは、1%にも満たないのが実情です。

https://www.unenvironment.org/news-and-stories/story/putting-brakes-fast-fashion


今年の冬は寒い?温暖化じゃないの?

21/01/02

気象庁の発表によると、2020年の全国の平均気温は、1898年の統計開始から最高になるようです。最高値の更新は昨年に続き2年連続となり、この原因は地球温暖化の影響といわれています。

2020年は暖冬が盛んに報道されたのを覚えていますか?

東・西日本日本海側を中心に多くの観測所で降雪量平年比が20%以下になりました。

温暖化に加え、自然気象も重なり記録的な暖冬になったけれど、今年はどうだろう?

今年の冬は日本に厳しい寒さをもたらすラニーニャ現象が発生しています。

気象庁の予報では2021年1月初めまでの1カ月の気温は平年並みか高い見込みです。12月~21年2月の3カ月予報でも北日本は平年並みか高く、東日本と西日本はほぼ平年並みの見通し。

気象庁のまとめによると、たとえば2019~20年冬(19年12月〜20年2月)の日本の平均気温は、1981〜2010年の30年間の平均値と比べて1.66度高く、1898年の統計開始以来、1949年を上回り最も高い値となりました。日本の冬の平均気温は100年あたり1.19度のペースで上昇しているのです。

もし何も起きていなかったらかなりの暖冬になっていたはずです。

つまり、今冬とまったく同じようなラニーニャ現象がもし100年前に起きたら、寒さがもっとずっと顕著だったと考えられます。

産業革命以前と比べて地球の平均気温が4度上昇したとき、積雪量は今の70%減少し、2度上昇しただけでも30%減少します。

気候変動による影響は今まさに、自然気象の影で出始めているのです。

〈参考文献〉

気象庁3ヶ月予報https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/longfcst/3month/

日本の季節平均気温https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/win_jpn.html

日本経済新聞 過去最高2年連続更新

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG2291Y0S0A221C2000000/

パリ協定未達なら4.5度上昇 降水量200ミリ以上の日数2.3倍:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67047710U0A201C2EA4000/


2020年、コロナが私たちに教えてくれたこと

20/12/26

2020年、なんて年だったんだろう。

かつてない森林火災に見舞われたオーストラリア、そして全世界が一斉に経済活動をストップを強いられたパンデミック。

良くも悪くも、さまざまな形で私たちの生活をどんどん変えていった。

私たちは2020年から何を学び、何をこれから生かしていくべきなのか、気候変動の側面から考えてみよう。

WHOと中国の専門家チームは二月

末に報告書を発表。新型コロナウイルスは「動物が起源」と断定し、コウモリ由来のウイルスがセンザンコウなど別の動物を介して人に感染したとみている

自然破壊によって、住む場所を失った野生動物が餌を求めて人の住む町に近づいてきたり、希少種を食料や漢方として利用することで、人と動物が接触することになり、新たな「人獣共通感染症」が生まれると、説明する。

つまり、人間による動物の搾取や環境の破壊により今後も新たな感染症が増えていく可能性があるということだ。

これって、人間の経済活動による利益を最優先して環境破壊を続けた結果、起こっている気候変動の問題と共通していると思いませんか。

根本的な問題を変えない限り、コロナウイルスのワクチンが普及しても、このパンデミックがおさまっても、それは応急処置にしか過ぎない。また新たな形でパンデミックと向き合うことになる。

もう一つ。

コロナ対策のために政府が強い行動を取り、巨額の金を使うことが可能だったということだ。

世界のリーダーが集まり気候変動をどうしようか、という会議はもう26年前からずーっと続いている。なのに状況は変わってこなかった。

石炭産業界からの反対や、経済活動を言い訳にして気候変動対策を怠ってきたけれど、各国はどれくらい気候変動が私たちや未来の世代の命を脅かし、長い目で見た時に経済活動に不利益をもたらし得るのか考えてきただろうか。

感染症に対処す上での良い政府とは、かすかな兆候をもとに強い行動が取れること。中国の行動はとても早かった。

人々への影響が大きいネガティブな政策であっても、大多数の人を説得し、実行できることを示した。

感染症から身を守るのは、最終的には自分の行動になる。他人と距離を取り、手を洗い、ハグをしないことが大事だ。しかし、気候変動の影響からは、自分だけを守ることはできない。民主主義や資本主義の国においても、気候変動の問題が解決すべき重要課題であると位置付けさえすれば、確実に対処できるはずだ。

つまり、本気になれば気候変動の進行を遅らせることができるということ。

そのためには、未来を生きる私たちが気候変動対策をしっかりウォッチして声を上げていこう。


参考文献:

東京新聞<新型コロナ>自然破壊、温暖化もウイルスまん延の一因? 地球環境守るための「行動変容」を 2020年04月09日

https://www.tokyo-np.co.jp/article/26048

【ヨルゲン・ランダース】新型コロナと気候変動 対策に必要なものは同じだ:朝日新聞GLOBE+

https://globe.asahi.com/article/13612262


5年前からどれだけ環境が良くなった?

20/12/19

5年前の今日、15年12月に採択されたパリ協定とは、世界200ヵ国が合意した、2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組み。世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して、2℃より充分低く抑え、1.5℃に抑える努力を追求することを目的としています。

しかし、このままの経済活動が続けば、早ければ2030年には1.5度の上昇に達し、2050年には4度程度の気温上昇が見込まれています。

「パリ協定」の採択5周年を記念する首脳級のオンライン会合が12日、英仏と国連の主催で開かれました。70を超す国や地域の首脳がビデオ演説し、気候変動対策に取り組む決意や目標を表明しました。

しかし、2度未満達成に必要な削減量を各国に割り当てているわけではないため、各国の削減目標を足し合わせても2度未満達成のために必要とされる削減量には届いていないのが現状です。

実際、残念ながら2020年時点での各国の削減目標では、世界の平均気温は3度程度上昇してしまうと予測されています。

気温上昇を1.5度に抑えるためには、これからの約30年間で、エネルギー生産を大胆に変える必要がありまふ。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は「2020年以降は石炭火力発電所を禁止すべきで、さもなければ『大災害に直面する』」と答えています。

しかし、今年10月に2050年でCO2排出量実質ゼロを発表した日本は、新設予定の石炭火力発電所が10カ所にのぼります。

石炭火力発電は、すべての発電方法の中で最もCO2を排出し、気候変動に最も貢献します。

未来の世代に安全な未来を残すために、私たちに残された選択肢は自ずと見えてきます。

今まさに、これからどれくらいの割合で石炭火力発電や再生可能エネルギーを使っていくか、という今後のエネルギー政策(エネルギー基本計画)が話し合われています。

今後どんな決定がされていくのか

私たちがしっかりウォッチして、声をあげていこう。

WWF パリ協定とは?

https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/4348.html

石炭火力発電所ウォッチ

https://sekitan.jp/plant-map/ja/v

温暖化「30年目標」焦点に パリ協定5年で首脳級会合:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODB10BK20Q0A211C2000000/


肉を食べることが気候変動を進める!?

20/12/12

あなたは焼肉が好きですか?

あなたはあのとろけるチーズが好きですか?

でももし、その食事が気候変動を進める要因になっているとしたら?

実は、家畜による二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの排出量と地球上全ての交通手段(車、トラック、飛行機、船舶、列車)から排出される量が環境に与えるインパクトは同じなのです。

肉を生産する段階において、大量の水や飼料、牧草地を必要とし、動物のおならやげっぷなどからも温室効果ガスが発生します。そして、牧草地を作るためCO2の吸収源となる森林伐採が行われることで、温暖化が進むというわけです。

世界中で生産されている大豆の9割が畜産の餌のために作られている。

地球の肺と呼ばれるアマゾンの熱帯雨林が20%が失われてしまったのも、家畜の餌を育てるための大規模な畑や、放牧地を作るために、人為的に森を焼き払われつづけたため、といわれています。

工業型畜産の問題とは?

ではどの食品が最も二酸化炭素を生み出しているのでしょうか。

一位は、以外にも羊肉。二位は牛肉。三位がチーズ、四位が豚肉、、と続きます。

例えば、牛肉を生産する時に地球の与える環境負荷は、豆腐やブロッコリーを育てる時の十倍にもなるのです。

そのほかにも、牛1頭がげっぷやおならとして発するメタンガスの量は、1日160〜320リットルに上るといわれ、しかもそのメタンガスは、二酸化炭素の25倍ほどの温室効果があり、温暖化を進める原因になっています。

お肉だけでなく、ミルクについても同様の結果が出ています。

牛乳が植物性ミルクと比べ、多くのCO2を排出しているというパターンが多くみられます。1リットルの牛乳を生産するときに排出されるCO2は、豆乳の約4倍。

さらに、牛乳は植物性ミルクより1リットル当たりの土地使用量も多いのです。

あなたとわたしにできること

「工業型畜産」による環境破壊は、私たちが食事を植物性の食材をベースにした食事(野菜中心)にかえ、動物性食品の消費を減らすことで改善します。

毎日が難しくても、毎食が難しくても、完璧じゃなくてもいい。

例えば、週に一度肉を食べない日をつくってみるとか。

朝ごはんだけお肉を食べないようにしてみるとか。

いつも頼むカフェラテをソイラテにしてみるとか。

最近は、大豆からできた代替肉の商品や、植物由来のミルクなどは、大手スーパー、コンビニでも売られるようになってきました。

#ヴィ―ガン #ヴィ―ガンレシピ でたくさんの情報が得られます。

ぜひ、参考にしてみてください。

1人が100%頑張るよりも、100人が1%ずつ頑張った方がずっといい。

参考文献

https://lo-cabo.com/article/meat-environmental-loading-problem-less-meat/

https://www.ethicalconsumer.org/food-drink/plant-vs-dairy-comparing-their-climate-impacts


80年後の天気予報から見る日本の未来

20/12/05

4度上昇した世界をあなたは想像できますか?

たった4℃、されど4度。

これは、現在の世界各国の気候変動対策の努力が足りなかったときの想定。

世界各国が現在掲げている気候変動対策がうまくいったとしても、100年後には3度上昇上昇してしまうといわれています。

大人の世代はこの事実に目をつむって一生を終えられるかもしれないけど、私たちの子供や孫の世代はこんな世界で生きなくてはならない。

じゃあ、私たちの世代はどうなの?

すでに、産業革命以前から約1.4度の気温上昇を記録している現在、

毎年巨大化する台風、それに伴う河川の氾濫、毎年更新されていく猛暑の記録。

実はわたしたちは既に、気候変動の脅威にさらされつつあるのです。

【日本が受けている気候変動の被害】

私たちの子供や孫の世代だけが危ないんじゃない。

今生きている私たちも既に深刻化する気候変動の被害を受けつつあり、

これから数十年の間にもっと生活が脅かされてしまう。

普段私たちがあまり意識していないだけで、

日本は気候変動の被害をとても受けているのです。

2018年、気候変動による影響を最も受けた国は日本であると、

ドイツのシンクタンクが発表しています。

これによると、2018年における気候変動関連の死者数は計1,282で

世界第二位。損失額は358億米ドルで世界第3位。

2℃上昇でも、工業地帯が密集し、一部新興住宅地のある東京湾岸は全域で常時冠水し、実際に海抜0m地帯にある、墨田区、江戸川区、葛飾区、荒川区は、水没のリスクが高く、この辺りも2℃上昇で冠水してしまう。

産業革命以前から、1.4度既に上昇しているが、早くとも2030年には1.5度に到達してしまう。最悪の場合、2060年には2度の上昇してしまう。

今までの経験や物差しでは対応できないようなリスクを私たちは抱えているのです。

じゃあ、私たちができることって何?

節電のような日常生活でできる行動ももちろん大切だけど、

意思を周りに伝えることってあまり注目されないけど

実はとても効果的なアクション。

2100年の天気が「ヤバい」って家族に話してみるとか、

投稿をリポストしたり、友達にシェアしてみるとか。

ツイッターでつぶやくとか。

気候変動を発信している人のSNSをフォローすることは

意思表示でもある。

オンライン署名に参加してみるとか。

どんなに小さい意思表示だとしても、私たちの一人一人の意思表示には大きなパワーがある。

それを見た誰かが気候変動が「ヤバい」って気づくかもしれないし、

誰かが意思表示をする勇気を与えることになるかもしれない。

考えているだけじゃ、気候変動問題が変わることはないから。

さあ、君はだれに、何をつたえる?

参考文献 

WWF
1.5度をめぐる国際動向とパリ協定 (wwf.or.jp)

Germanwatch『世界気候リスク指数2020』
Microsoft Word – 20-2-01e Global Climate Risk Index 2020 (germanwatch.org)

ClimateActionTracker NDCについて
https://climateactiontracker.org/countries/japan/

WWF
1.5度をめぐる国際動向とパリ協定 (wwf.or.jp)

夫馬賢治 水没リスクが上昇中! 日本人の約27%が「家を失う」かもしれない
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66227?page=3


オーストラリアの山火事と日本の関係

20/11/28

【オーストラリアの山火事は気候変動が原因⁉】

今年初めにニュースでよく見たオーストラリアの森林火災、覚えていますか?

コアラやカンガルーが火傷を負って逃げ惑う姿、真っ赤な火の海、必死に消化活動をする消防士。

自然災害の1つである森林火災は、近年鎮火できないほど大規模になってきて、発生件数も増えています。2019年から2020年にかけて発生したオーストラリアの森林火災もその一つ。

たった一年の間で日本の約半分の国土に当たる面積が焼失しました。

その主な原因は、気温の上昇や気候変動による異常少雨、干ばつによる乾燥化。

この森林火災で約400万トンもの二酸化炭素が排出され、さらなる温暖化への影響が懸念されています。

残念ながら、オーストラリアでおきたような大規模な森林火災は、このまま温暖化が進めば当たり前のように発生すると言われています。

【豪山火事と日本のカンケイ】

オーストラリアの森林火災と日本って、実は全然無関係じゃない。

日本が消費している石炭の約70%をオーストラリアから輸入していることを知っていますか?

石炭を燃やして電気を作ると、大量に二酸化炭素が発生してしまい、温暖化の大きな原因になっています。

オーストラリアにとっては、自分の国で採れた限りある化石燃料を、日本に輸出して、私たちが消費することで、温暖化が進み、自分の国の森林火災を悪化させているのです。

一方で、知らず知らずのうちに温暖化の加速に加担してしまっている日本。

いつもは見えないつながりに目を向けてみると、実は私たちの身近に気候変動の問題があると思いませんか?

【私たちができること】

オーストラリアの森林火災と日本のカンケイから見えてきたように、

もしかしたらわたしが温暖化を進める原因の一部になっているのかもしれない。

問題より、解決の一部になるためにできるアクションはたくさんあります。

例えば、使ってない電気を消してみる。

使ってないコンセントは抜いてみる。

自分の家の電力が化石燃料を燃やして作られているか、調べてみる。

化石燃料を使わず、自然の再生可能エネルギーで電気を作っている電力会社はたくさんあります。

まずは、いま地球で起きていることを「知り、考える」。

そして家族に、友達にシェアしてみよう。

__________________________________________________

参考文献

CNN 豪森林火災、犠牲となった動物は約30億匹 死んだり住む場所失う
https://www.cnn.co.jp/fringe/35157382.html

全国地球温暖化防止保護推進センター 一人当たりの二酸化炭素排出量(2018年度)
https://www.jccca.org/chart/chart04_07.html

BBC 豪森林火災、温暖化で将来は「当たり前」に=英研究チーム 
https://www.google.co.jp/amp/s/www.bbc.com/japanese/51130566.amp

国立環境研究所 世界気象機関、オーストラリアの壊滅的な森林火災について報告
https://tenbou.nies.go.jp/news/fnews/detail.php?i=28581

Yahoo! 世界各国の石炭の輸出入量の実情をさぐる
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20180220-00081613/

中国電力 日本における二酸化炭素の排出量
https://www.energia.co.jp/kids/kids-ene/learn/environment/co2.html

気候ネットワーク 石炭火力発電所を止める~温室効果ガスの巨大な排出源~
https://www.kikonet.org/national/policies-measures/no-coal

経済産業省 資源エネルギー庁 化石エネルギーの動向
https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2020html/2-1-3.html


week1 気候変動とは

20/11/21

気候変動とは、長い時間で見た気候の移り変わりを意味する言葉です。

近年の気候変動は、人間活動により排出された温室効果ガスによって地球が温められたことによる可能性が極めて高いとされており、

「気候変動」という単語の代わりに「地球温暖化」という言葉が使われることもあります。(※1)

気候変動は、熱波、干ばつ、大雨などの異常気象に大きく影響しているとされています。

温室効果ガスの排出量が現在と変わらなければ、2100年頃までには世界平均気温が最高で4℃程度上がる(IPCCの報告によれば、現在ですでに産業革命前より約1℃上昇)と予測されています。さらに、温度上昇がある一点(ティッピングポイント)を超えると自然災害がドミノ倒しのように発生し、取り返しのつかないことになるという研究もあります。

その一点を超え、取り返しがつかなくなる前に、今、行動しなければならないのです。

行動を起こすには、まず気候変動と自分、特に好きなこととの繋がりを見つけることが大切です。

検索エンジンで自分の好きなことと一緒に検索してみましょう。

「気候変動 ファッション」「気候変動 スポーツ」

「気候変動 食べ物」「気候変動 音楽」「気候変動 政治」

たくさんの情報が出てきますが、まずは、自分が”面白い”と思ったものから読んでいきましょう。そして、学んだことを家族、友人に話してみましょう。「知る、学ぶ、話す」ことは、私たちの未来を守るための大きな第一歩です。


Climate Saturdayとは?

20/11/20

Climate Saturdayは、現在地球で起こっていることや私たちの未来に関わる問題・課題について『知り、考え、行動する』 きっかけを作りたいという想いから始まりました。

毎週土曜日に、Climate Live JapanのHPとSNSにてClimate Live Jpan運営メンバーの学生が情報発信をしていきます。